アイ・ワナ・ノウ...62010年07月28日

ELOのUFOもジュークボックスがモチーフだったな

連日、体温並の暑さに、日中はタオルが絞れるほど汗をかき過ごしていますが、夜はついクーラーの助けを借りてしまいます。ところが、それが悪かったのか、ここ10日ほど咳が止まりません。はぁ〜、ゲホゲホ。

さて第3回フォリナー・セッション in Osaka開催まで、後1ヶ月となりました。続々とエントリーも入り、これからラスト・スパートがかかる時期です。迷っているなら、とりあえずエントリー!

  • 「レコーズ」(Records)
  • A面
  • 1. つめたいお前 (Cold As Ice)
  • 2. ダブル・ヴィジョン (Double Vision)
  • 3. ヘッド・ゲームス (Head Games)
  • 4. ガール・ライク・ユー (Waiting For A Girl Like You)
  • 5. 衝撃のファースト・タイム(Feels Like The First Time)

  • B面
  • 1. アージェント (Urgent)
  • 2. ダーティー・ホワイト・ボーイ (Dirty White Boy)
  • 3. ジュークボックス・ヒーロー (Jukebox Hero)
  • 4. ロング・ウェイ・フロム・ホーム (Long, Long Way From Home)
  • 5. ホット・ブラッデッド(ライブ)(Hot Blooded)

「4」の翌年、フォリナー初のベスト盤「レコーズ」をリリースしました。ジュークボックスをモチーフにしたジャケットは、窓が開いていて、インナーに印刷された曲目が覗くと言う、ちょっと凝ったものでした。このアルバム、トップ20ヒットが10曲中9曲。トップ10ヒットに絞っても6曲と言う、これぞベスト盤と呼ぶにふさわしいものでした。収録されているのは、アルバムとはアレンジなどを変えたシングル・ヴァージョン。さらに「ホット・ブラッデッド」はライブ音源を収録と言う、今までのファンも納得の内容でした。その効果かどうか、売り上げは700万枚を記録しています。