セッションで間違うは恥だが為になる2016年12月02日

いよいよ明日となった「フォリナー・セッション」。参加者。特に初心者やセッションに慣れてない人に「あの曲やこの曲もチャレンジしてください!」と言うのだが、なかなかウンと言ってくれない。完コピしなけりゃとか、間違ったらとか、心配事は多い。ましてや、本番一発合わせなんかのプレッシャーで、1曲やるのが精一杯って言う人もいる。

フォリナーの楽曲は、演奏上難しいことはあまり無い。だから、そう言う人達にどんどん参加してもらい、みんなで合わせて演奏することの楽しさを知ってほしい。間違ったって、やり直せばいいんだ。また、普段やって無いパートにチャレンジすることで、アンサンブルを研究するなんてことも大歓迎だ。明日はぶっつけでも、どんどんチャレンジしてもらおう!間違いながらでも、完奏できた時の達成感を味わってもらおう!ただし、フォリナーの曲は、テクニカルではないが、バンドとして完奏するには、思わぬ落とし穴が潜んでいる曲があることは内緒にしておこう(爆)

さて、私は、普段海外ドラマしか観ないのだが、この秋は珍しく日本のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を観ている。最初は、「マツコの知らない世界」が終わってから、そのまま点けていただけなのだが、「おお、これは『雪肌精』のCMに出ていた娘ではないか!」と言うことに気づいて、毎回観ることにした。日常ではあり得ない設定やストーリーなのだが、そんなことはどうでもいい。新垣結衣がかわいい。だから観る。それだけだ(爆)

しかし、「新垣かわいい〜!」と心の中で思うのはいいのだが、口に出す時は気をつけなければいけない。「あらがき、かわいい〜!」が正しいのであるが、これを「にいがき、かわいい〜!」なんて言った日には、変態扱いされること間違いなし。佐村河内も思わず聞き返すだろう。この場合、間違って為になることは一つもない(爆)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数ですが、私のハンドルネームを入力してください。

コメント:

トラックバック