毛色が違いすぎるのもまた楽し2016年12月20日

画像提供Keithさん

日曜日、少し寒さが緩み、荷物を担いでいると、少し汗ばむようないい天気に、Blue Eyesの地下に潜ってmortar-like townのライブをして来ました。観戦に来てくださった方々、ありがとうございました。

セットリストは、以下の通りです。

39
Route 66
Desperado
Waiting For A Girl Like You
メドレー
Stand By Me〜夢の中へ〜年下の男の子〜たどり着いたらいつも雨降り〜Stand By Me〜Crossroad〜おそうじオバチャン〜Crossroad
You Really Got Me
Hot Blooded

色々ごちゃ混ぜ(笑)ギターも、アルペジオからピック・スクラッチまで(爆)アコギなんで、やることに限界はありますが、まあ、雰囲気重視と言うことで。でも、それなりに聞こえたと思います。

今回、対バンがテクノとファンク。この組み合わせもごちゃ混ぜ(笑)だが、どちらもうまくて、なかなか楽しいイベントでした。

来年も、新たなバンドの企画があったり、そちらの方で忙しくなるかも。ただ、以前からのバンドも、活動が鈍らないように、バランスを取っていきたいと思ってます。

コメント

_ ヤスバ ― 2016年12月20日 17時19分53秒

お疲れ様でした。
このメドレーの選曲、一見ムチャクチャのようで、よく見るとなかなか考えられてますね。
スタンドバイミーから黄金の循環コード、クロスロードからはブルース進行なんですね。
僕はこういうのをちょっとやってみたいと思ってました。
まさか、本当にやる人たちがいたとは、、、(笑)

_ 忍者 ― 2016年12月21日 01時32分13秒

ヤスバさん
ありがとうございます。

>一見ムチャクチャのようで、よく見るとなかなか考えられてますね。
このメドレーは、ちょこちょこ内容を変えながら、以前からやっていたそうです。おそうじオバチャンは、クロスロードのリズムで続けたので、ブルースに慣れていると、結構歌いにくかったようです。

メドレーは、なかなかやる機会も無いので、楽しいですね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数ですが、私のハンドルネームを入力してください。

コメント:

トラックバック