安近短=楽2017年05月17日

GWが終わり、妻がまとまった休みを取れたので、彦根へ1泊しに行った。日帰りで十分行ける距離だが、逆に時間に余裕ができ、のんびりとした旅になった。朝まで、土砂降りだったが、出発する頃には、すっかりあがっていた。

のんびりと11時頃出発し、まずは近江八幡へ。昔、仕事の関係で、週に一度はここのダイエーへ通ってたが、今はアル・プラザに変わっていた。周りは新しい家は多いが、あんまり変化がないような気がする。近江八幡で有名なのが、クラブ・ハリエのバームクーヘン。最近、新しいコンセプト・ショップラ・コリーナ近江八幡へ行ってみた。かなりの人気で、混雑を覚悟していたが、朝の雨模様が影響して、ガラガラ。ゆっくりと見ることができた。ただ、自然と調和するコンセプトなのか、広々とした庭園等もあるが、この地ではあまり意味が無いような・・・だって、後山だし、周りも結構緑あるし。建物もオブジェも、なんか・・・ジブリっぽい?(笑)まあ、好きな人もいるだろう。

その後、旧市街を散策。近江八幡と言えばヴォーリズだが、町家も結構残っている。凝った格子や、板塀等、なかなか面白い町並みだ。見所もまとまっていて、ちょこっと歩くにはいい感じ。いろんな時代劇のロケ地でもあるようだ。

翌日。最近、ヨースティーが、テニスの王子様を読んで、テニスをやってみたいと言ってたので、ホテルのコートでテニスをした。子供たちは初めて。私も10数年ぶりだ。昔は、友達たちと年間コートを借りて、毎週のようにやっていたが、あんまりうまくならなかった(笑)子供たち相手で、ラリーも続く訳が無かったが、結構楽しかったようだ。

温泉で汗を流した後、彦根へ。彦根も、大河ドラマ人気で、人が多いかと思ったが、GW明けだからか、結構空いてた。彦根城はパス。ひこにゃんにも興味無い見たい(爆)彦根に来るのも、20年ぶりくらいか。門前町が、結構町屋風になってて、セットみたいと思っていたが、年月が経つと、それなりの風情も出て来てた。食事はやっぱり近江牛!ステーキと行きたいところだが、予算の都合で近江牛の牛丼に(笑)でも、牛丼、カルビ丼、スジ丼、ホルモン丼と、色々食べてみた。また、牛まぶしって、櫃まぶしみたいに、出汁を掛けて食べるのもおいしかった。

そうそう、チピラがスーパーでサラダパンを見つけた。テレビでは見たことあるが、現物は初めて。コッペパンに、たくあんが挟んであると言うもの。食べてみたら、おいしかった。コッペパンの甘さに、たくあんの塩気がちょうどいい。帰りがけ、別のスーパーでも探したが、もう無かった。残念。でも、家でも作れそうだな。その他、目だったのが麦畑。近江八幡から守山辺りまで、ずっと麦畑が続いていた。まさか、バームクーヘンになるのか??

いつもなら、草津から混んでる1号線も、連休明けだからかスムースに走れた。遠くだと、あっちもこっちもと、スケジュール詰めがちになるけど、また来られるしと、のんびり、楽な旅ができた。こういうのもいいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数ですが、私のハンドルネームを入力してください。

コメント:

トラックバック