生飲み干す2016年06月26日

FOREFINGER生、昨日無事終了しました。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。前日の大雨が残るような予報だったので、どうなるかと心配しましたが、小雨程度でホッと一息。アンプラグドと言うことで、くだけた感が出過ぎたところもありましたが、バンドサウンドとは違った一面をお見せできたと思います。

セットリストは、以下の通り。

  1. Feels Like The First Time
  2. Double Vision
  3. Head Games
  4. Waiting For A Girl Like You
  5. Can't Slow Down
  6. Too Late
  7. Jukebox Hero
  8. Hot Blooded

今回アンプラグドと言うことで、ヴォーカル、アコースティック・ギター、ピアノ、そして一部ベースを加えての演奏でした。バンド時のカラフルな演奏と比べると、アンプラグドはモノトーン。ピアノが入って、せいぜいセピアって感じで、物足りないかもしれないと言う不安がありました。実際の演奏でも、アコースティック・ギターは音が伸びないので、どうしても演奏に空白と言うか間ができる。音に溢れたバンド演奏に慣れていると、この間がとてつもない闇のような恐怖に感じてしまう。シンプルなだけに、演奏力に加え、表現力の必要さも実感しました。しかし、モノトーンにはモノトーンの良さがあります。その良さを最大限引き出すため、今後もがんばります。

その他の出演は、揺れ名人が友達と組んだ企画バンド。サディスティック・ミカ・バンドやシーナ&ザ・ロケッツ、他、あまちゃんみたいな「じぇじぇじぇ〜」が耳に残った外国曲(爆)など。颯爽とギター弾く揺れ名人を見て、トーイさんが「ギターも弾くんですね」とささやく(笑)FOREFINGERでは、ベーシストでおなじみの彼だが、ベースを弾くのはうちだけ。本当はギタリストなのだ!ちなみに彼はGIBSONを持っているが、私は持っていない。それだけで、彼のギタリスト度の違いがわかると言う物だ(爆)機会があれば、彼のギターを聞いてください。名前のごとく、ビブラートは今度私も教えてもらおうかと思っています。

最後は、イベント主催バンドHard Rain。前回のライブでも、別ユニットだが、同じバンマスの方にご招待いただきました。キーボードの奥さんが、フォリナー大好きと言うことで、今後色々とイベントに巻き込んでいこうかと企んでいます(笑)今回は、クラプトンなブルースがメイン。こちらも結成15年という長寿バンド。惜しかったのは、ヴォーカルの譜面台が、ちょうどお腹の辺りにあって、ギターを弾いてても全然見えなかったこと。もう少し下げた方がいいんじゃないと、終わったら言おうと思ってたが、忘れた(笑)次まで覚えてたらいいけど・・・。

これからも増えるであろう、FOREFINGER生。パーカッションが入ったり、ギターだけだったり、色々姿を変えて出没予定です。乞うご期待!!

今週末は生2016年06月21日

今週末の土曜日、6時30分から、心斎橋Doors In Heavenで「FOREFINGER生」初お目見えです!トップバッターでがんばります。ノーチャージなので、お気軽にお越し下さい。

告知もそこそこに、気になったCMたち。

ジャンボ宝くじ。所ジョージが開発したロボットが7億円!庶民にしてみれば7億円は大金だが、防衛費から見れば、1台7億円のロボットなんて超破格値。だって、戦闘機1台でこのロボット15台はかえるぞ。迷わず発注だ!!

ロト7、ちょっと進展があったようだが、もう誰も覚えちゃいないし興味も無い。打ち切って次ぎにいきなさい。

やたら五郎丸を見るようになったが、かんじんの五郎丸が日本にいない。そう言えば、真田丸って、五郎丸人気にあやかって「丸」付けた訳じゃないんだね。

フレンチの鉄人・坂井の店で出しているコーヒーは、ネスカフェのインスタント。アイスは、ペットボトルです!って・・・。「1杯30円!」なんて言っちゃってるし。まだ、カプセル式なら許せる気もしないではないが。昔読んだ「鉄火の巻兵」と言う寿司屋の漫画で、いいお茶は甘みがあり、寿司の味を引き出せないから、まずい茶を出すとあったが、その境地か?まあ、いいコーヒーに甘みは無いので、それでもないか・・・。

映画「64」後編も見たいと言う人が90何%って、そりゃわざわざ劇場まで前編観に行ったんだから、後編も観るだろ!逆に後編観ないって言う人がいることが驚きだ。よっぽどつまらなかったんだろうな。しかし、映画を前後編に分けて上映なんてのはどうなんだろう?結局は、料金2倍ってことでしょ?

ハゲヅラフェイタスさん。

今日はこんなところで。

思わぬ出会い2016年06月20日

先週蛍を観に行った。ちょっと遠いが、いつもとは違う場所へ行ってみた。そこそこ山奥なので、もしかしたら街灯にクワガタもいるかな〜って期待したけど、そう都合よくいてはくれなかった。蛍は、ゲンジボタルの力強いひかりで、そこそこ多くが飛んでいた。ちょうど曇りで暗かったるのかな。たまに雲の切れ目から半月が顔を出すと、明かりを点けたように周りが明るくなった。月明かりも山奥だと結構明るい物なんだな。

さて次の日。電車のホームで、地面の写メを撮っている兄ちゃんがいた。何撮ってるんだと、その場所に行くと、なんと!大きなノコギリクワガタ!!真っ昼間の駅で何してるんだ?まあいい、ゲットだ!!しかし、出かける途中、虫かごなんか持ってない。飛び立つことも無いので、しばらく電車の中で手の上や腕を這わしていたが、危ない人だと思われてもイヤなので、帽子で隠しておいた(笑)でも、いったいどこから飛んで来たんだろう?

無事連れ帰ったノコギリだが、結構暴れん坊だ。今年羽化したうちのノコと戦わせても、一発で挟んで撃退!う〜ん、どこかにメスがいないかな〜。

去年から育てているオオクワの幼虫とかは、順調に羽化している。メスは結構大型だが、オスはえさの種類によって、その大きさはてきめん。全部で15〜6匹になるので、半分以上はヨースティーの友達に配る予定。今年も一応産卵させてみるが、育てる数はかなりしぼろうかな。

交換条件2016年06月16日

ちょっと前に、北海道で子供を置き去りにした出来事があった。私も小学生の頃、言うことを聞かないので、帰りの山の中で弟と一緒に置き去りにされたことがある。渓谷で、細い吊り橋があり、のんきな私は、その辺散歩して戻ろうとしていたら、父親が血相変えて探しに来た。それを見て、しまった!心配かけてしまったと、申し訳ない気持ちになったことを思い出した。母親もこのニュースを見て「あんたも放っていかれたな〜」と、今では笑い話になっている。

世間では、この出来事がしつけか虐待かと言うことで話題になった。いろいろ考え方もあるだろうが、しつけと虐待は紙一重のような気がする。私が思うに、子供のしつけって、基本的に脅迫と恫喝だ。言葉にすると怖いが、「○○しなかったら、△△してあげないよ!」ってのは、立派な脅迫だし、「コラ!!」ってのは恫喝だ(笑)。

本当は、うまく説明して、納得させられればいいのだが、手っ取り早いので、ついやってしまう。また、大きくなってくると、屁理屈や詭弁等も使いだすので始末が悪い(笑)説教と言っても、坊さんのように説ければいいのだが、つい感情が先走る(爆)

頭に上った血は、ひと呼吸置かないと、簡単に虐待になってしまう。しつけとは、子供だけじゃなく、自分自身にも同じことを言っていると感じられる冷静さを残さないとダメなのかもしれない。

そういえば、小学校や中学校の参観日の授業には、道徳の時間が組まれていることが多い。人権についての参観なんてのもある。これって、子供より親に向けての授業なんじゃないかと、最近思う。ひねくれた見方かな?(笑)

生の季節2016年05月28日

あっという間に春も終わってしまった。ネタはあったが、新鮮さを失うとだめだね〜。今回はちゃんとせねば「告知」!!たまのメールとか更新の理由って、そんなもんだよね〜(笑)

  • 6月25日(土)18時30分開演
  • 心斎橋 Doors In Heaven
  • ノーチャージ!でも、何か注文お願いします。

今回は、FOREFINGER初のアンプラグド「FOREFINGER生」で出演します。生はごまかしがきかないんで、ちょっと緊張ですが、バンドとはまた違ったFOREFINGERをお見せできると思います。

そろそろ梅雨時。そんな頃、思い出されるのが「フォリナー・セッション」(笑)毎年8月下旬から9月上旬に開催していましたが、今年はもう少し後の、11月下旬〜12月上旬の開催を予定しています。今回からセッションだけではなく、ライブも含めて、総合的フォリナー・イベントとして開催予定ですので、ご期待下さい!

冬眠から目覚める2016年03月18日


at Doors in Heaven

さる3月13日、約2年ぶりとなるFOREFINGERのライブを心斎橋Doors in 
Heavenで行なった。新しいヴォーカリストがなかなか決まらず、月日だけが過ぎていったが、ISAさんと言う、強力なヴォーカリストを迎えることができ、再び活動ができるようになった。

夕方から降り出した雨にも関わらず、来てくださった満員のお客さんに感謝。新しいメンバーでの初ライブ、会場も初めてとあり、少々緊張しながらも、なかなかのパフォーマンスを発揮できたのではないかと思っている(笑)

セットリストは以下の通り。

1. Feels Like The First Time
2. Too Late
3. Head Games
4. Waiting For A Girl Like You
5. Can't Slow Down
6. Jukebox Hero
7. Hot Blooded

FOREFINGER初の男性ヴォーカリストであるISAさんは、ハイ・トーンもストレス無く、しかもパワフルに歌いこなしてくれる。また、1時間くらいのステージも、変わらずやってくれそうなので、これからが本当に楽しみだ。機会があれば、ぜひ見に来てほしい。

新生FOREFINGER!

対バンは、メンバーの知り合いに勤めてもらった。
Blue Moon・・・ニュー・ミュージック弾き語りデュオ。
YS・・・70年代ロックトリオ。
Stranger・・・70〜80年代洋楽ヒット。

このStrangerのヴォーカル&キーボードの女性が、フォリナーが大好きだそうで、バンド自体もフォリナーの曲をレパートリーにしている。今回はHot Bloodedがダブったが、もう一曲「Back Where You Belong」をやったのには驚き!それだけでコアなファンだってことがよくわかった(笑)

今年は活動を密にして、できれば遠征なんかもしてみたい。
期待してください!!

パフォーマンス2016年01月21日

このところSMAPが解散だ、いや回避されたと言う話題で盛り上がっている。先日は、朝から謝罪映像が何度も流れていた。私にとっては、全く関心のない話だ。そもそも、既にバラバラで活動している姿しか知らないので、それを解散云々と言われてもピンと来ない。SMAPの解散は、日本の損失だと言う声もあったが、それなら、なぜもっとグループで活動しないんだろう?興味が無いからだと言われてしまえば、それまでだが、既に個人での活動が多いんだから、解散してもいいじゃないかと思った。

謝罪映像での個々の表情が、納得してないんじゃないかってテレビでも言われているが、私もそう思った。誰に謝っているんだと言う声もあったが、まあ、あれは見せしめだな〜って感じがひしひしと伝わって来た。大きいプロダクションから独立すると、嫌がらせの圧力で干されるって話はよく聞くからね〜、ホントか嘘か知らないけど(笑)

同じく、誰に謝ってるんだって言われているのが、ベッキーの謝罪会見。お騒がせしましたと言うが、騒いでいるのはマスコミで、一般には関係ない話。まあ、この手の会見って、みんなそうだけど。ベッキーは嫌いだから、どうでもいいや(爆)

誰に謝ってると言うと、先日こんなことがあった。緊急の保護者会で招集をかけられ、冒頭で、担任の一人が、生徒に不適切というか、きつい言葉を発したので、以後気をつけますと、校長始め、教頭からその学年の先生方が並んで頭を下げていた。ただ、どういうことを言ったのかは詳細は説明せず、頭を下げられても、事情を知らない親は???だ。その先生が、多数の生徒に対して発したのであれば、集まった親たちに謝罪するのは理解できるが、個人に対して言ったのであれば、その子に対して、またその家庭に対して詫びればいいことで、わざわざ全ての父兄に詫びることも無いし、言う必要も無い。もしかすると、当事者の親が、全父兄に対して謝れと言ったのかもしれないが、それは筋が違うと断るべきだ。言われたことに対して、とりあえず謝っておこうって言う、事なかれ主義は学校の方針としていかん!

そのことを質問しようと思ったが、もしかして、その親がいてもめるのも嫌だったので、聞かずにおいた。いや、これも事なかれ主義か?(笑)

ハメハメハ2016年01月20日

いよいよ本格的な冬が来た。昨日は、首都圏に雪が降って交通が麻痺したと一日中テレビで言ってた。車は立ち往生し、電車のダイヤは乱れ、東京は大混乱。雪に弱すぎる!どうにか対策を!!なんてことをキャスターやゲスト等がコメントするのだが、これって、雪降るたびに言ってる。

駅には、間引き運転と入場規制で長蛇の列。2時間待って、やっと電車に乗れただの、動いているかどうかもわからないけど待っていると言う人もいた。これ、帰宅時だとわかるが出社時の話だ。すばらしい!私なら帰る。

いつも思うが、都会で交通マヒを起こすような雪が降ったら、会社休みにすればいいのに。雪だけじゃなく、台風で暴風警報が出たときとかも。だって、内勤なら別だが、外回りは確実にできないし、できても相手がいるかどうかもわからない。寒さの中、何時間も順番待ちして、半日使って通勤するよりも、体休める方がよっぽどいいと思うのだが。毎回、対策を!と言ってる割に対策しないのは、年に1回あるかないかのことに、対策なんかしてられないからだろ。もちろん、全部が全部休める仕事ではないにしても、結局はたどり着けなければ同じだ。そんな時は、休業する方がいい。

東京で勤めていた時、朝駅に行くと、電車がストで動いてなかった。家に戻ってテレビを見ると、私鉄は止まっているが、JRは動いているようだったので、バスで最寄りのJR駅まで行くことにした。普通でも30分ほどかかるが、ラッシュ&ストの影響で全く動かず、あきらめて家に戻った。私鉄でも、西武線は動いているようで、会社に電話すると、西武沿線の社員は出社していた。事情を話し、家でストの解除を待って、12時過ぎに出社することができた。だが、社長に、ちゃんと出社している人もいる、努力が足りないと怒られた。実は、JR方面ではなく、反対の西武線方面のバスは、道路も比較的空いていて、駅までたどり着けたそうだ。だが、ネットも携帯もナビも無い時代に、どうやってそれを知れと言うんだ!こっちだって、一応別のルートを試してるんだから、ごちゃごちゃ言われる筋合いは無いと思うんだが。テレビで、首都圏の交通マヒのニュースを見ると、いつもそのことを思い出す。

よいお年を2016年01月18日

なんてタイトルで「今年も後350日・・・」なんて陳腐な書き出しなんかしない!じゃあなんだ?車のタイヤを替えたのだ。実は、交換したのはずいぶん前だが、ずぼらかまして書くのが今になってしまった。

ここまで書くと、どこのタイヤにしたかはもうお分かりだろう。そう「GOOD YEAR」だ。車屋には、一番安いタイヤでいいとお願いしたら、これが着いて来た。まあ、なんだこれ?ってブランドの安物はいっぱいあるが、やはりタイヤは重要なパーツ。安くてもせめて名の知れたブランドの方が、安心感はある。

GOOD YEARと言えば、昔のF1ではフォーマルなタイヤ。白く塗られたブランド・ロゴは憧れだった。それにならって、ロゴを白く塗ろうかと思ったが・・・やめた(笑)

車(四輪)は、故障しないとか経済性とかの性能では、日本車が一番だが、いわゆる高性能を考えると、外国製の方がいい気がする。偏見もあるだろうが、人気はやはり高いだろう。そして、それはタイヤやパーツにも言える。ただ、バイクは日本製が一番だ!私のバイクには、中型のときはダンロップとヨコハマを好んで着けていた。大型にしてからは、ミシュランを着けてた。最初ダンロップのハイグリップを着けてたのだが、カーブでの寝かし込みのスピードが、ある角度からいきなり速くなる感じが、それほどコーナーを攻めない私にとっては怖かった。最大バンク角到達までのスピードを考えれば、そっちの方がいいのだが、大型バイクを一般公道で最大バンク角付けて走らせる腕も度胸も無かったので、私にはミシュランのツーリング用タイヤがちょうど良かったし、何と言ってもおしゃれに見える(笑)おフランスですから(爆)

ただ、外国タイヤは国産に比べて高い!以前ご近所さんが、車好きの息子が、タイヤに25万円掛けるとぼやいていた。へぇ〜!と驚くと「1本ですよ!」と追い討ちをかけられた。さすがにそんなに高くはなかったが、前後替えると6〜7万円はかかる。と言うことで、後半はOEMのダンロップを着けてた。昔のOEMはバイアスだったが、後半ではラジアルに変わっていて、そこそこの性能のものが着いていたのだ。乗り心地もミシュランとそんなに変わらなかったし(笑)

サイドにひびが入っていたタイヤも替えて、走っていても気分がいい。ただ、まだまだ替えるべき部品があるので、限界を見つつ直していかなけりゃ・・・。

ゆるくてもいい、たくましく育ってほしい2015年11月05日

キノコ探索に行った花背山の家。教育委員会の施設なのだが、ここにもマスコットと言うか、ゆるキャラがいた。

反面教師か?

なんとなく、みうらじゅんのかえるくんに似ている気がする。山の家と言うだけあって山奥にあり、ハイキングをしても、鹿のかじった後やイノシシが泥浴びした後等野生色が強い。ロビーの剥製も、熊や猪や鹿、狸、狐、野鳥等で溢れていたのに、なんでカエルなんだろう?山に入った町のカエルってことなのかな?