舞踏ワークショップ2022年05月26日

先週から五十肩が痛い!

先日告知した「市原昭仁、舞踏ワークショップ」に参加してきた。場所は京エコロジー・センター。もう10年前になるが、子供達と年間プログラムに数年参加した、懐かしい場所だ。この前も、近所のカフェ・ド・ゴスペルにて、懇親会したり、何かと藤森には縁がある。

このチラシを配るとき「どんなことやるんですか?」と聞かれて、大体の事は想像がついたが、ワークショップ自体に参加した事がなかったので、紹介するには、ちゃんと知っておかねば!と参加したのだが、やっぱり舞踏は楽しかった!

イッチーとは年賀状やメールでやり取りはしていたが、会うのは、10年、いや15年ぶりくらいか?若々しく、変わらない。現役ダンサーなので、もちろん体もしっかりと引き締まっている!思い出話に花を咲かせている中、参加者が集まってきた。この日は合計4人。ダンサーや複数回参加者もいたが、新規に参加してくれる人は、なかなかいないようだ。私はイッチーの「兄弟子」と紹介されるが、若い頃ちょっとかじった程度の私が、山海塾25年の舞踏手の兄弟子というのも滑稽だが、面白いのでそう名乗ることにする(笑)

踊りでも音楽でもそうだが、私は、下手でも観るよりやる方が絶対面白いと思う。特に、舞踏は!一見奇異で、出鱈目、即興で動いているように見えるが、その動きは、全て理由があり、計算されている。その基本動作は、受け身の動作と言うのであろうか。人が普段動作を行う時は、能動的に行う。例えば、物を持つ、ボールを蹴るなど、そこには目的があるのだが、舞踏の動作は、基本的には受動的だ。重力に引っ張られる、風に押される、水に流されるなど受け身の動作と言えばいいのか。それに、不随意的動作と言うのもある。そう言う、非日常的動作が舞踏なのかと、今回改めて感じた。

舞踏は、白塗りや奇異な動きがクローズアップされがちで、どうしてもキワモノと感じる人が多いが、ぜひ一度体験して欲しい。自然と体の一体感を感じ、自分の体が、いかに思い通りに動かないかと言うもどかしさを体験して欲しい。

伝染るんです2022年05月13日

12日、またまた天Qで行われた、クボタ竜次と愉快な仲間ライブに二部イスパ(デュオ)で参加してきた。先月に続き、今月も雨。ただ、大雨予報だったけど、思ったほど降らない。最近の予報は、災害を警戒してか、最悪のケース報道のような気がする。いいんだが、あまりに過ぎると、オオカミ少年になりかねない。そこは程々にしてほしいものだ。

  1. Quédate En Madrid
  2. Los Amantes
  3. La Bamba

今回転換をのんびりしすぎたのと喋りすぎたので、4曲しかできなかった。PAの調子が悪かったようで、いつもより小さめの音。また、ギターの調子も悪かった。プリアンプがいかれちゃったのか、途中で音が出なくなった。中古で買ってから27年経つので、ボロが来てもしょうがない。2年前に、電解コンデンサを取り替えて、調子を戻したのだが、今回はなんだろう?自作でプリアンプ作って載せ替えようかな〜。

イッチーワークショップ2022年05月04日

イッチーのワークショップ
イッチーのワークショップ

私の弟弟子(爆)イッチーが所属する山海塾が、いよいよコロナ明けで活動再開する。日本ではおなじみのびわ湖ホールだ。その公演の後、イッチーが舞踏ワークショップを京阪神で開催する。一般の方はもちろんだが、彼は今後、子供や障害者などを対象にしたワークショップ開催も意欲的だ。今回も1日、なかよしクラスとして開催する。舞踏と言うと、おどろおどろしい、怖いイメージを持っている人もいるだろうが、決してそんなことはない。一度体験して欲しい。私はもう、体は動かないが、ちょっとのぞいてみようかと思っている。

  • 山海塾・市原昭仁・舞踏ワークショップ
  • 5月22日(日)大津
  • 5月23日(月)京都
  • 5月24日(火)京都
  • 5月25日(水)京都
  • 5月26日(木)大阪
  • 5月27日(金)大阪
  • 5月29日(日)京都
  • 5月30日(月)神戸
  • 5月31日(火)神戸
  • 6月 1日(水)岡山
  • 6月 2日(木)岡山
  • 6月 3日(金)岡山

付かず離れずのお付き合い2022年04月23日

21日、天Qで行われた、クボタ竜次と愉快な仲間ライブに二部イスパ(デュオ)で参加してきた。前回もそうだったが、女性出演者のミニスカ率が高い、是非は別として(爆)。おまけに、かなり濃い目の出演者が多い。どのくらい濃いめかと言うと、我々が普通に見えるくらい(笑)セットリストは、こんな感じ。

  1. Quédate En Madrid
  2. Los Amantes
  3. Pecados Más Dulce Que Un Zapato De Razo
  4. Mujer Contra Mujer
  5. La Bamba

新曲も仕込み中なので、近々披露したいもんだ。

マーチンのミニギターで、60を超えてギターを始めた女性。ガットギターでブルージーに弾き語りがあると思えば、高石ともやを思わせる透明感のある歌声で弾き語る方。ショーケンネタの弾き語りやオートハープと言う、初めて見る楽器を弾く方など、バラエティーに富んだ出演者が続々!締めは、クボタさんとおしげさん。音を楽しむを表したイベントだった。

さて、コロナ禍も3年目を迎え、相変わらず感染者数は多いが、付き合い方が変わって来た気がする。祇園祭も今年は開催するそうで、メジャーどころが解禁となると、各種イベントも復活するんじゃないかな。もちろん、感染に細心の注意を払わないとダメな人もいるけど、全てを自粛すると言う段階は過ぎたと思う。まあ、どう変異するかにもよるけど。これからライブ活動も、みんな活発化しそうな気配だ。二部イスパ、FOREFINGER、他の活動も期待してください!

栄光の旅立ち2022年04月04日

令和4年4月4日、並び日には更新せねば!

新しい年度が始まった。日本社会では、色々リセットされることが多いのがこの4月だ。バンド関係で最も影響があるのが、この時期にある異動、転勤だ。2年前、FOREFINGERヴォーカリストのISAが転勤と思い、お別れをしたのだが、まさかの転勤先が大阪!と言うことで、延命したかに見えたらコロナ騒動。かなり活動が制限されてしまった2年間だった。そして3月、ISAの福岡転勤が決まり、残念ながらFOREFINGERを離れて行った。来年には、福岡に戻ることは確実だったので、来年までと思っていたのが、一年早くなったのだが、その他のバンド活動もほとんど一緒にしていたので、彼がいなくなってしまうのはショックだ!ISAがFOREFINGERに在籍した7年間、パワフルな歌声をありがとう!

転勤が決まった時は、ガックリ気が抜けたけど、心機一転!新しいFOREFINGERで再出発!!をするぞ!

並んだ日には更新せねば!2022年02月22日

最寄りの駅は、橋の向こうにある。対岸から川沿いに走る電車がよく見える。電車が到着する時は、駅へのアプローチに結構時間を掛けるので、橋の手前で電車が見えてからでも、走れば十分切符を買う時間もあった。以前は・・・。先日、スタジオ練習のため出かけた時、近づく電車が見えた。ギターを担いでいたが、走って余裕で券売機に到着。間に合った!と思い、切符を買ったのだが、券売機には最初「切符を買う」「チャージする」etc.など、4項目の選択肢があった。「券売機は、切符買うに決まってるやろ!」と切符を買うを押す。すると次に、「片道」「往復」と選択肢が現れたが、なぜか往復にはバツ印が付いている。「なら、聞くなよ!」と片道を選択。やっと切符の額面の画面に。行き先の金額を押したら、今度は「領収書あり」「領収書なし」の選択肢。それら全てをクリアしないと、切符もお釣りも出てこない。「あ〜うっとしい!」とタッチパネルを押してる間に、電車は行ってしまった・・・。

この、無駄に高機能な券売機。前で年寄りが買ってた日にゃ、必ずフリーズしている。後ろに並んだら「どこ行きますか?」と、代わりに買ってあげなきゃいかん。そこまで高機能なら、音声対話式にすれば、年寄りでも使いやすかろうに。親切なのか不親切なのか・・・。IKOCA持てば並ばなくて済むってか。

2022年2月に2年ぶりライブでもう20年2022年02月17日

2年ぶりのステージ

実は1月頭に予定があったんだけど、延期になってたFOREFINGERのライブが先日2月13日にSecond Roomsであった。バンドとしては2年ぶりとなるが、まん延防止措置がとられていたので、ひっそりと行った。

  1. Feels Like The First Time
  2. Double Vision
  3. Waiting For A Girl Like You
  4. Dirty White Boy
  5. Jukebox Hero
  6. Hot Blooded

このライブ直前の2月9日に、フォリナーのオリジナル・メンバーだったイアン・マクドナルド氏が亡くなったので、追悼メッセージも込めさせて頂いた。我々が青春を過ごした時のスターも、もう7〜80歳前後になり、毎年「ああ、あの人も亡くなったのか・・・」ってことが増えてる。まあ、自分とて若くはないのだから(爆)悔いなくやりたいもんだ。

2年ぶりのステージ2

老いというのは、誰も避けられないもので、どう付き合うか。また、老いた人とどう付き合うかも、現実的な課題だ。今回対バンで、「おしげとおかん」と一緒だった。今年85歳のお母さんの作った歌に息子がギターで伴奏するというユニット。飄々と楽しそうに歌い、踊るお母さんは微笑ましく、音楽でもなんでもいいけど、何か目標や支えがあると違うんだろうな〜と思った。

実は、このおしげとおかん、一昨年に天Qで二部イスパと対バンだったそうだ。いや、こんなインパクトあるの忘れるわけないと思ってたが、我々のすぐ後の出番だったそうで、その時楽屋にいたので、見過ごしてしまった様だ。

カムバック!自分!!2021年12月01日

1年と8ヶ月ぶりくらいの更新だ。ちょうどコロナで世の中が停滞していた時期と重なる。コロナのおかげで、それなりに時間はあったのだが、そんな時には更新の気力がわかないというか・・・。いや、これからは頑張る!

以前は、スペイン語との併記を目指していたが、スペインからのコメントがうまく入れられないようなので、併記はやめる事にした。そっちの方は、別ブログを立ち上げようと思う。

さて、コロナでバンドが停滞していたのだが、二部イスパは活動していた。また、新バンドEast Country The Thirdの初ライブも行ったし、更なる計画も。抜けてた間の備忘録として、活動記録を記しておく。

  • 2020年11月7日 二部イスパ at Second Rooms
    1. Los Amantes
    2. Quédate En Madrid
    3. Uva De La Vieja Parra
    4. Mujer Contra Mujer
    5. La Bamba
  • 2020年11月14日 二部イスパ at 天Q
    1. Los Amantes
    2. Quédate En Madrid
    3. Uva De La Vieja Parra
    4. Mujer Contra Mujer
    5. La Bamba
  • 2021年1月11日 二部イスパ at Second Rooms
    1. Los Amantes
    2. Quédate En Madrid
    3. Uva De La Vieja Parra
    4. Mujer Contra Mujer
    5. La Bamba
  • 2021年4月17日 FOREFINGER生(ISA & 忍者 with しゅう)at 茨木Mariana Cafe
    1. Double Vision
    2. Blue Morning, Blue Day
    3. Dirty White Boy
    4. Jukebox Hero
    5. Hot Blooded
  • 2021年10月24日 二部イスパ at 向島まつり
    1. Quédate En Madrid
    2. Mujer Contra Mujer
    3. La Bamba
  • 2021年10月31日 East Country The Third at Second Rooms
    1. 移民の歌
    2. 旅の宿
    3. Is This Love
    4. Eye Of The Tiger
    5. The Trooper
    6. 落陽
  • 2021年11月20日 二部イスパ at 吉富音楽祭
    1. Quédate En Madrid
    2. Los Amantes
    3. Uva De La Vieja Parra
    4. Pacto Entre Caballeros
    5. Mujer Contra Mujer
    6. La Bamba

今年は、一つプロジェクトを実現させた。それについては次回!

カムバック! ¡Volver!2020年03月07日

先日、転勤のため脱退を表明したISAだが、転勤先が、なんと大阪になった!お帰り!という訳でFOREFINGER、今年も頑張ります!



Otro día ISA, voz, ha abandonado la banda para trasladarse. Pero el destino de traslado se decidió en Osaka. ¡Bien venido, otra vez! En este año FOREFINGER haré lo mejor.

流行りの「ライブハウス」"Sala de música en vivo" de moda2020年03月05日

告知してなかったけど、先週土曜日に、久しぶりに大阪でFOREFINGERのライブをやった。場所は、福島のThird Stone。初めてだったが、とっても良かった。まずは、この時期にも関わらず、お越しくださったお客さんにお礼を言いたい。ありがとうございました。さて、セットリスト。

  1. Feels Like The First Time
  2. Double Vision
  3. Blue Morning, Blue Day
  4. Can't Slow Down
  5. Night Life
  6. Waiting For A Girl Like You
  7. Head Games
  8. Dirty White Boy
  9. Jukebox Hero
  10. Hot Blooded

とまあ、怒涛の10曲!今回でヴォーカルのISAが脱退する。彼以上のヴォーカリストはいないと言うくらい活躍してくれていたので、非常に残念だが、転勤と言う社会人バンドには避けて通れない理由なので仕方ない。今後は彼の安住の地である福岡での活躍を祈るのみだ。

と言うわけで、FOREFINGERでは、超強力なヴォーカリストを募集してます!

さて、現在ライブハウスが大きな話題になっている。特に大阪のライブハウス=コロナウィルス的報道が連日なされている。各地でのイベントやライブなども、軒並み中止や延期。開催すると、悪のように叩かれたりしているようだ。私も、今回のライブのほか、3月7日にも二部イスパでライブ予定があった。こちらも当初開催予定だったが、やはり状況を見て中止となった。色々なイベントやライブを開催するか否かは、非常に難しいところだ。感染拡大防止の観点から見れば、中止するのが妥当なのだが、やはりそれぞれの事情があり、開催を決行せざるを得ない場合もある。特に、今回のようなアマチュア主催のライブなどは、十数万円のキャンセル料を個人レベルで負担できるかと言うと、なかなか難しい。開催に賛否あるだろうが、開催するにも理由があることを理解してほしい。

今回のコロナウィルス騒動の拡大は、人災だと思っている。完全に政府の失策だ。クルーズ船で感染者を培養し、経過観察を行わずに全国にばら撒いた。PCR検査を制限し過ぎ、感染者の実態数が掴めないので、仕方なく全国の学校を休校せざるを得なくなった。全責任を取ると言いながら、お得意の解釈の捻じ曲げやそんなことは言ってないとのおとぼけで、責任取る気がないのは見え見えだ。と言うわけで、しわ寄せは子供達や弱者に回ってくるのである。

しかし、報道も連日、あちこちで困ってます!ってのばかり、どうにかならんのかね。困ってるのはわかってるから、だからどうしようってのが、そろそろ欲しいな。




Como no os he avisado, hemos hacido un vivo de FOREFINGER el sabado pasado en Osaka. El lugar está Third Stone donde está en la ciudad Fukushima de Osaka, este Fukushima no es provincia de donde está el central nuclear. Fuimos la primera vez, estaba muy bien. Primero, quiero decir que muchísimas gracias por visitantes a pesar del momento difícil. Aquí tenemos la lista de canciones.

  1. Feels Like The First Time
  2. Double Vision
  3. Blue Morning, Blue Day
  4. Can't Slow Down
  5. Night Life
  6. Waiting For A Girl Like You
  7. Head Games
  8. Dirty White Boy
  9. Jukebox Hero
  10. Hot Blooded

Son 10 canciones de un tirón. ISA, voz, abandona la banda en este vivo. ¡Qué pena, porque no hay un cantante mejor que él! No hay más remedio que él tiene que trasladarse a Fukuoka. Es un destino de empleados. Deseo que despliegue su actividad en Fukuoka donde está su familia.

Así es que estamos buscando super cantante nuevo.

Ahora las salas de música están gran sensaciones. Especialmente las noticias están publicando como si las salas de música en Osaka hubieran causado la expansión del coronavirus. Casi todos eventos habían estado cancelar. Aunque los hacen, la gente se los queja. Yo tenía otro vivo de Nibu-espa en el 7 de marzo, pero se ha cancelado. Es mejor cancelar para reducir la expansión del coronavirus, pero tienen razones que no se lo pueden. Por ejemplo si se hubiera cancelado, tenía que pagar más de 1.000€ para el castigo. Hay opiniones sí o no, pero cada uno tiene su situasiñon.

Pienso que esta expansión del coronavirus sea desastre hecho por el humano. Es perfectamente la equivocación del gobierno. Porque ha decidido hacer volver a los viajeros que no se han observado por 14 días después de hacer el cultivo de virus en el crucero. Además tuve que cerrar las escuelas por un mes porque no se podía comprender el numero de personas infectadas, como ha restringido la comprobación PCR. El primer ministro dijo que asumiera toda la responsabilidad, pero no creo. Interpretará toda la responsabilidad para su conveniencia de siempre, su "todo" no significa "sin límite", o dirá que no hubiera decido como eso. Entonces los niños y los débiles se sufren.

Y sin embargo, las noticias dicen las cosas negativas. Queremos escuchar las cosas positivas.