つけまつける2016年07月23日

つ〜けまつ〜けまつけまつけ〜

クワガタなどを飼うと、餌のゼリーに引かれて、結構コバエが寄ってくる。寄ってくるならまだしも、クヌギマットで繁殖したりすると、虫ケースの中は、あっという間にコバエだらけ!!そうなると、マットを天日干ししたり、総入れ替えしなければならない。あらかじめ、コバエが入らないように、新聞紙や不繊布などをかましておくのだが、それでも寄ってくる。そこで、頼もしい助っ人を導入した。ハエトリソウだ(爆)

写真では大きく見えるが、コバエ用に葉が1cmほどの物にした。これでコバエが来ても安心だと思ったら、最近あまり見なくなった・・・。いても困るけど、食べてるところ見たいな〜。

交響楽団を聴く2016年07月13日

先日、母親と京都市交響楽団の「みんなのコンサート」へ行って来た。クラシックのコンサートなど、何年ぶりだろう。父の生前よく行ってたので、たまにはオーケストラもいいかと行ってみた。なにしろ、値段が800円と言うのがいい(爆)

演目は以下の通り。

  • ファリャ:「恋は魔術師」より「火祭りの踊り」
  • ドヴォルザーク:序曲「謝肉祭」
  • J.シュトラウス2世:ポルカ「花祭り」
  • オッフェンバック:喜歌劇「天国と地獄」から「カンカン」
  • サティ(ドビュッシー編曲):「2つのジムノペディ」から第2番(ピアノ版第1番)
  • ブラームス:ハンガリー舞曲第1番
  • チャイコフスキー:バレエ組曲「くるみ割り人形」から「行進曲」「こんぺい糖の踊り」「ロシアの踊り(トレパック)」「中国の踊り」「あし笛の踊り」「花のワルツ」

みんなのコンサートは、キッズ・シニアに、オーケストラを親しんでもらおうと言う企画(多分)。指揮者も楽団員も、全員Tシャツで、気軽さを演出。また演奏する曲目も、短くなじみのある選曲のようだ。他の回も、「スターウォーズのテーマ」とか「風の谷のナウシカ」「ルパン三世」なんかもあるようだ。

若い頃、オーケストラを聴きにいっても、途中で意識をなくしたが(笑)今回は、指揮者の動き、楽器のアンサンブルなど、楽しく聞く(見る)ことができた。しかし、指揮者って、どうしてあんなに不思議な動きでオーケストラをまとめることができるんだろう(爆)楽器も、少なくとも数百万円はするんだろうな〜(笑)なんて、不純な目で見ていた(爆)また、それも楽しいし。

1曲目の「恋は魔術師」は、カルロス・サウラの映画、アントニオ・ガデスの舞台で見たことがある。映画の方は、何度も出てくる亡霊が、後半ちょっとうざかったが、舞台はガデスが踊っているのだから、文句無し(爆)サウラの映画なら、「血の婚礼」の方がおすすめ。ただし、踊りが好きじゃない人はつまんないかも(笑)そして、「くるみ割り人形」は、組曲8つのうち6つを演奏した。どうせなら全部やってほしかったな〜。

アンコールの「土俗的舞曲」も良かった。「一触即発」を思い出したのは、私だけか・・・。

オーケストラは、もちろんすべて生音なのだが、曲のダイナミックスの付け方、盛り上げ方なんかは、さすがだな〜と思った。普段、電気で爆音鳴らしていると、とても感じられない。まあ、最近は「生」の活動も増えたので、そちらで生かせたらいいな。

やはり値段先行にはなるが、きっかけとしてはいいと思う。今度はスメタナのモルダウやラベルのボレロ、クラシック・ギターや沖仁が聞きたいな〜、この値段で(笑)

クワ・リポート2016年07月08日

去年かえったクワガタが、だいたい羽化した。現在いるのは、こんな感じだ。

  1. オオクワガタ オス75mm
  2. オオクワガタ オス74mm
  3. オオクワガタ オス71mm
  4. オオクワガタ オス70mm
  5. オオクワガタ オス67mm
  6. オオクワガタ オス66mm
  7. オオクワガタ オス54mm
  8. オオクワガタ オス51mm
  9. オオクワガタ オス51mm
  10. オオクワガタ オス45mm
  11. オオクワガタ オス45mm
  12. オオクワガタ オス41mm
  13. オオクワガタ メス47mm
  14. オオクワガタ メス45mm
  15. オオクワガタ メス45mm
  16. オオクワガタ メス45mm
  17. オオクワガタ メス45mm
  18. オオクワガタ メス35mm
  19. オオクワガタ メス35mm
  20. オオクワガタ メス27mm
  21. コクワガタ メス
  22. ノコギリクワガタ オス60mm
  23. ノコギリクワガタ メス30mmくらい 既に死亡
  24. ノコギリクワガタ オス 中、小歯系7〜8匹
  25. ノコギリクワガタ メス 中、小歯系7〜8匹
  26. 3年目に突入のノコギリの幼虫 4〜5匹
  27. 親オオクワガタのペア
  28. 去年かえったコクワガタ オス、メス10匹くらい
  29. ノコギリクワガタ 65mm駅で捕まえたやつ
駅で拾った立派なノコギリ。かなり凶暴!
風呂に入ってる見たい(笑)湾曲した大あごがかっこいい!

すんごい数だ(笑)まあ、本格的にブリードしている人は、もっと数があるんだろうけど。さて、親クワはオス65mmと64mmの2匹いた。残念ながら、64mmのペアは、どちらも死んでしまった。3〜4年は生きるって聞いたのに・・・。

たくさん羽化したが、一番大きい75mmは、羽化不全と言って、さなぎから成虫になる時に、うまく行かなかったようで、若干頭が曲がったままで、なおかつ右前足が動かない。だから、うまく歩けず、すぐにひっくり返ってしまう。多分、えさもうまく食べられないだろうから、死んでしまうんだろう。昨夜、実家の庭で、羽化不全のセミがのたうち回っていた。羽が片方開かなかったようだ。こうなると、どうしようもない。

74mmと51mm。同級生でも、こんな体格差いるよね。

さて、同じ親から生まれてるのに、大きさがかなり違う。これは、単純にえさの問題だ。上位6匹には、キノコの菌糸を与えた。それ以外は、クヌギマット。えさで大きさに差が出るとは聞いていたが、比べてみると、全然違う!大きいもの2〜3匹残して、後はヨースティーの友達等にあげることにする。ただ、あまり小さいのも喜ばないだろうから、小さいのはまとめ飼いしておくか。

今年生まれたクワたちが産卵できるのは来年。だから、これらの子供が羽化するのが再来年。気の長い話だ(笑)

バットマン・リターンズ2016年07月04日

暑い・・・。じっとしてても、汗が吹き出る!

ヤスバさん(旧にゅーめんさん)のブログが、開設10周年を迎えたらしい。私もそのくらいかなと思い、調べてみると、7月1日で11年目だった。開設時の記事を見ると、コウモリが玄関前で連続して死んでいた記事があり、そんなこともあったな〜と外に出てみると、なんと!家の横でコウモリが死んでいた!!Oh my bat!!!そのままにしておくと、車にひかれるので、早速埋めた。

埋葬場所を掘り起こすと、カブトやクワガタの角や羽がザクザク。次回何かを埋めるときは、コウモリの骨が出てくるんだろうな・・・。

また咲いた2016年07月01日

先日、チューリップの再結成ツアーの予約販売の広告が新聞に載っていた。あ〜、またやるんだ。チューリップに関しては、一昨年ギタリストの安部さんが亡くなった時点で、もう終わったと感じた。しかし、フロント・マンの財津はまだまだ元気なので、サポート入れてやるんだろうな〜と思ってた。実際、安部さんは一時期チューリップを脱退しているから、サポートを入れての活動も不思議でもない。

ほとんどのバンド・イメージは、ヴォーカリストだから、財津と姫野がいれば続けることは可能だろう。いや、チューリップは財津和夫が作ったバンドなので、財津さえ残ればチューリップは続くのだ。フォリナーのように、残ったのはミック・ジョーンズただ一人ってこともあるし。もし姫野が抜けたとしても、あごの尖った、例えばX-JAPANのTOSHIを入れれば何とかなる・・・いや、それは無理か(笑)

で、ギタリストは誰がサポートに入るんだろう?と調べるが、オフィシャル・ページにも、財津、姫野、上田、宮城の4人の写真しか無い。もちろん決まっているだろうが、表に出さないところが、残されたメンバーの思いが感じられる。私は観に行かないが、プロミスのCMみたいに、全身白タイツのギタリストに、安部さんのプロジェクションマッピングなら、ちょっと見てみたい(爆)

生飲み干す2016年06月26日

FOREFINGER生、昨日無事終了しました。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。前日の大雨が残るような予報だったので、どうなるかと心配しましたが、小雨程度でホッと一息。アンプラグドと言うことで、くだけた感が出過ぎたところもありましたが、バンドサウンドとは違った一面をお見せできたと思います。

セットリストは、以下の通り。

  1. Feels Like The First Time
  2. Double Vision
  3. Head Games
  4. Waiting For A Girl Like You
  5. Can't Slow Down
  6. Too Late
  7. Jukebox Hero
  8. Hot Blooded

今回アンプラグドと言うことで、ヴォーカル、アコースティック・ギター、ピアノ、そして一部ベースを加えての演奏でした。バンド時のカラフルな演奏と比べると、アンプラグドはモノトーン。ピアノが入って、せいぜいセピアって感じで、物足りないかもしれないと言う不安がありました。実際の演奏でも、アコースティック・ギターは音が伸びないので、どうしても演奏に空白と言うか間ができる。音に溢れたバンド演奏に慣れていると、この間がとてつもない闇のような恐怖に感じてしまう。シンプルなだけに、演奏力に加え、表現力の必要さも実感しました。しかし、モノトーンにはモノトーンの良さがあります。その良さを最大限引き出すため、今後もがんばります。

その他の出演は、揺れ名人が友達と組んだ企画バンド。サディスティック・ミカ・バンドやシーナ&ザ・ロケッツ、他、あまちゃんみたいな「じぇじぇじぇ〜」が耳に残った外国曲(爆)など。颯爽とギター弾く揺れ名人を見て、トーイさんが「ギターも弾くんですね」とささやく(笑)FOREFINGERでは、ベーシストでおなじみの彼だが、ベースを弾くのはうちだけ。本当はギタリストなのだ!ちなみに彼はGIBSONを持っているが、私は持っていない。それだけで、彼のギタリスト度の違いがわかると言う物だ(爆)機会があれば、彼のギターを聞いてください。名前のごとく、ビブラートは今度私も教えてもらおうかと思っています。

最後は、イベント主催バンドHard Rain。前回のライブでも、別ユニットだが、同じバンマスの方にご招待いただきました。キーボードの奥さんが、フォリナー大好きと言うことで、今後色々とイベントに巻き込んでいこうかと企んでいます(笑)今回は、クラプトンなブルースがメイン。こちらも結成15年という長寿バンド。惜しかったのは、ヴォーカルの譜面台が、ちょうどお腹の辺りにあって、ギターを弾いてても全然見えなかったこと。もう少し下げた方がいいんじゃないと、終わったら言おうと思ってたが、忘れた(笑)次まで覚えてたらいいけど・・・。

これからも増えるであろう、FOREFINGER生。パーカッションが入ったり、ギターだけだったり、色々姿を変えて出没予定です。乞うご期待!!

今週末は生2016年06月21日

今週末の土曜日、6時30分から、心斎橋Doors In Heavenで「FOREFINGER生」初お目見えです!トップバッターでがんばります。ノーチャージなので、お気軽にお越し下さい。

告知もそこそこに、気になったCMたち。

ジャンボ宝くじ。所ジョージが開発したロボットが7億円!庶民にしてみれば7億円は大金だが、防衛費から見れば、1台7億円のロボットなんて超破格値。だって、戦闘機1台でこのロボット15台はかえるぞ。迷わず発注だ!!

ロト7、ちょっと進展があったようだが、もう誰も覚えちゃいないし興味も無い。打ち切って次ぎにいきなさい。

やたら五郎丸を見るようになったが、かんじんの五郎丸が日本にいない。そう言えば、真田丸って、五郎丸人気にあやかって「丸」付けた訳じゃないんだね。

フレンチの鉄人・坂井の店で出しているコーヒーは、ネスカフェのインスタント。アイスは、ペットボトルです!って・・・。「1杯30円!」なんて言っちゃってるし。まだ、カプセル式なら許せる気もしないではないが。昔読んだ「鉄火の巻兵」と言う寿司屋の漫画で、いいお茶は甘みがあり、寿司の味を引き出せないから、まずい茶を出すとあったが、その境地か?まあ、いいコーヒーに甘みは無いので、それでもないか・・・。

映画「64」後編も見たいと言う人が90何%って、そりゃわざわざ劇場まで前編観に行ったんだから、後編も観るだろ!逆に後編観ないって言う人がいることが驚きだ。よっぽどつまらなかったんだろうな。しかし、映画を前後編に分けて上映なんてのはどうなんだろう?結局は、料金2倍ってことでしょ?

ハゲヅラフェイタスさん。

今日はこんなところで。

思わぬ出会い2016年06月20日

先週蛍を観に行った。ちょっと遠いが、いつもとは違う場所へ行ってみた。そこそこ山奥なので、もしかしたら街灯にクワガタもいるかな〜って期待したけど、そう都合よくいてはくれなかった。蛍は、ゲンジボタルの力強いひかりで、そこそこ多くが飛んでいた。ちょうど曇りで暗かったるのかな。たまに雲の切れ目から半月が顔を出すと、明かりを点けたように周りが明るくなった。月明かりも山奥だと結構明るい物なんだな。

さて次の日。電車のホームで、地面の写メを撮っている兄ちゃんがいた。何撮ってるんだと、その場所に行くと、なんと!大きなノコギリクワガタ!!真っ昼間の駅で何してるんだ?まあいい、ゲットだ!!しかし、出かける途中、虫かごなんか持ってない。飛び立つことも無いので、しばらく電車の中で手の上や腕を這わしていたが、危ない人だと思われてもイヤなので、帽子で隠しておいた(笑)でも、いったいどこから飛んで来たんだろう?

無事連れ帰ったノコギリだが、結構暴れん坊だ。今年羽化したうちのノコと戦わせても、一発で挟んで撃退!う〜ん、どこかにメスがいないかな〜。

去年から育てているオオクワの幼虫とかは、順調に羽化している。メスは結構大型だが、オスはえさの種類によって、その大きさはてきめん。全部で15〜6匹になるので、半分以上はヨースティーの友達に配る予定。今年も一応産卵させてみるが、育てる数はかなりしぼろうかな。

交換条件2016年06月16日

ちょっと前に、北海道で子供を置き去りにした出来事があった。私も小学生の頃、言うことを聞かないので、帰りの山の中で弟と一緒に置き去りにされたことがある。渓谷で、細い吊り橋があり、のんきな私は、その辺散歩して戻ろうとしていたら、父親が血相変えて探しに来た。それを見て、しまった!心配かけてしまったと、申し訳ない気持ちになったことを思い出した。母親もこのニュースを見て「あんたも放っていかれたな〜」と、今では笑い話になっている。

世間では、この出来事がしつけか虐待かと言うことで話題になった。いろいろ考え方もあるだろうが、しつけと虐待は紙一重のような気がする。私が思うに、子供のしつけって、基本的に脅迫と恫喝だ。言葉にすると怖いが、「○○しなかったら、△△してあげないよ!」ってのは、立派な脅迫だし、「コラ!!」ってのは恫喝だ(笑)。

本当は、うまく説明して、納得させられればいいのだが、手っ取り早いので、ついやってしまう。また、大きくなってくると、屁理屈や詭弁等も使いだすので始末が悪い(笑)説教と言っても、坊さんのように説ければいいのだが、つい感情が先走る(爆)

頭に上った血は、ひと呼吸置かないと、簡単に虐待になってしまう。しつけとは、子供だけじゃなく、自分自身にも同じことを言っていると感じられる冷静さを残さないとダメなのかもしれない。

そういえば、小学校や中学校の参観日の授業には、道徳の時間が組まれていることが多い。人権についての参観なんてのもある。これって、子供より親に向けての授業なんじゃないかと、最近思う。ひねくれた見方かな?(笑)

生の季節2016年05月28日

あっという間に春も終わってしまった。ネタはあったが、新鮮さを失うとだめだね〜。今回はちゃんとせねば「告知」!!たまのメールとか更新の理由って、そんなもんだよね〜(笑)

  • 6月25日(土)18時30分開演
  • 心斎橋 Doors In Heaven
  • ノーチャージ!でも、何か注文お願いします。

今回は、FOREFINGER初のアンプラグド「FOREFINGER生」で出演します。生はごまかしがきかないんで、ちょっと緊張ですが、バンドとはまた違ったFOREFINGERをお見せできると思います。

そろそろ梅雨時。そんな頃、思い出されるのが「フォリナー・セッション」(笑)毎年8月下旬から9月上旬に開催していましたが、今年はもう少し後の、11月下旬〜12月上旬の開催を予定しています。今回からセッションだけではなく、ライブも含めて、総合的フォリナー・イベントとして開催予定ですので、ご期待下さい!