生飲み干す2016年06月26日

FOREFINGER生、昨日無事終了しました。ご来場いただいた皆さん、本当にありがとうございました。前日の大雨が残るような予報だったので、どうなるかと心配しましたが、小雨程度でホッと一息。アンプラグドと言うことで、くだけた感が出過ぎたところもありましたが、バンドサウンドとは違った一面をお見せできたと思います。

セットリストは、以下の通り。

  1. Feels Like The First Time
  2. Double Vision
  3. Head Games
  4. Waiting For A Girl Like You
  5. Can't Slow Down
  6. Too Late
  7. Jukebox Hero
  8. Hot Blooded

今回アンプラグドと言うことで、ヴォーカル、アコースティック・ギター、ピアノ、そして一部ベースを加えての演奏でした。バンド時のカラフルな演奏と比べると、アンプラグドはモノトーン。ピアノが入って、せいぜいセピアって感じで、物足りないかもしれないと言う不安がありました。実際の演奏でも、アコースティック・ギターは音が伸びないので、どうしても演奏に空白と言うか間ができる。音に溢れたバンド演奏に慣れていると、この間がとてつもない闇のような恐怖に感じてしまう。シンプルなだけに、演奏力に加え、表現力の必要さも実感しました。しかし、モノトーンにはモノトーンの良さがあります。その良さを最大限引き出すため、今後もがんばります。

その他の出演は、揺れ名人が友達と組んだ企画バンド。サディスティック・ミカ・バンドやシーナ&ザ・ロケッツ、他、あまちゃんみたいな「じぇじぇじぇ〜」が耳に残った外国曲(爆)など。颯爽とギター弾く揺れ名人を見て、トーイさんが「ギターも弾くんですね」とささやく(笑)FOREFINGERでは、ベーシストでおなじみの彼だが、ベースを弾くのはうちだけ。本当はギタリストなのだ!ちなみに彼はGIBSONを持っているが、私は持っていない。それだけで、彼のギタリスト度の違いがわかると言う物だ(爆)機会があれば、彼のギターを聞いてください。名前のごとく、ビブラートは今度私も教えてもらおうかと思っています。

最後は、イベント主催バンドHard Rain。前回のライブでも、別ユニットだが、同じバンマスの方にご招待いただきました。キーボードの奥さんが、フォリナー大好きと言うことで、今後色々とイベントに巻き込んでいこうかと企んでいます(笑)今回は、クラプトンなブルースがメイン。こちらも結成15年という長寿バンド。惜しかったのは、ヴォーカルの譜面台が、ちょうどお腹の辺りにあって、ギターを弾いてても全然見えなかったこと。もう少し下げた方がいいんじゃないと、終わったら言おうと思ってたが、忘れた(笑)次まで覚えてたらいいけど・・・。

これからも増えるであろう、FOREFINGER生。パーカッションが入ったり、ギターだけだったり、色々姿を変えて出没予定です。乞うご期待!!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
「忍者」と入力してください。

コメント:

トラックバック