盆 in the USA2017年08月12日

今年から「山の日」ってのができたので、盆休みの始まりが8月11日って決めやすくなった。盆休みにアメリカへ行くのかと言えば、行かない(笑)ただ単に「ええ題名浮かんだ!」ってんで付けてみた。もちろんモントレーにも能登にも行ってない(爆)

実は、先週に早い夏休みを取って、四日間蓼科へ行った。蓼科と言えば、軽井沢と並ぶ避暑地!さすがに別荘は持ってないが、会員制リゾート・ホテルでのんびりと過ごした。まあ、会員なのは、妻の会社だが(笑)

迷走台風5号の影響が心配だったが、旅行中は迷走中で、ほとんど影響なかった。いつもの旅行なら、一泊ごとに宿を変えるのだが、今回は三連泊にした。と言うのも、子供達が、名所旧跡を巡っても、あまり興味を示さない(笑)移動が多いと、結構疲れる。リゾート・ホテルで連泊して、少しでもセレブ気分を味わいたい(爆)と言うことで、蓼科に決めたのだ。また、チピラがはまっている「東方project」の「聖地」が諏訪大社や諏訪湖にあり、聖地巡礼をしたいと言うのも理由の一つだった。

結構熱いお湯が出てる

諏訪大社に着いたのが3時半頃。まずはI.C.に近い上社本宮へ。なんでも、諏訪大社は上社が二つと下社が二つの、合計四つあるらしい。まあ、本宮は外せないだろうとお参りする。手水舎の横に、もう一つ龍の手水舎が。なんと、温泉が口から出ていて、結構熱い!その向こうには「御柱」がド〜ンと祀ってある。東方ファンの間では、絵馬にイラストを描く、いわゆる「痛絵馬」を奉納するのが流行っているそうだ。社務所で絵馬を買い、チピラは早速「痛絵馬」製作に(笑)色々なお札やお守りがある中で「鹿食免」と言うのがあった。巫女さんに訊いてみると、昔、四つ足のどうぶつを食べる事が禁じられていた時代、タンパク源として鹿を食べる免罪符を諏訪大社が出していたそうだ。現在は、何のご利益があったか、教えてもらったけど忘れてしまった(笑)そこで、長野と言えば馬刺!「馬食免」は無いの?馬食べるでしょ??と訊いたが、神社以外の事はわからないと、失笑されてしまった。また、四つとも回った方がいいのかと尋ねたら、四つあって、ここは本宮だが、扱いはどれも同じなので、一つでもいいと言うことだった。

本宮一の御柱。これを滑り下ろすって!!

諏訪大社本宮を後にし、高島城もいいが、とりあえず諏訪湖畔へ行き、間欠泉を見る事にした。諏訪S.A.は、諏訪湖を一望できる絶好の場所にある。諏訪湖には間欠泉があるので、インフォメーションで、ここから間欠泉は見えるかと尋ねたが、ちょっと遠くで見えないとの事。また、時間を決めて噴出させているので、今からなら5時に見られますと言う情報を得ていた。時間通りに出すなら、間欠泉じゃないだろうとつっこみながら、間欠泉センターへ。諏訪湖周辺は、15日の花火大会の準備で、あちこちバリケードが設置されていて、ちょっと雰囲気なかったけど、仕方ない。ただ、どこに行っても駐車場や施設が無料なのがいいね!

5時ちょっと前に到着。温泉の源泉で、温泉卵作り体験もあったが、この前城崎でやったのでパス。間欠泉は、しっかりバルブがセットされていた(笑)アナウンスとともに、温水が噴き出す!ブフォ!ブフォ!と2mくらいの高さで!いや、もうちょっとがんばれないか(爆)せめて二階建ての屋根くらいまで行ってほしかった。

もうちょっとがんばろうか!!

少々期待はずれの間欠泉を後に、せっかくだから、諏訪大社下社の秋宮へ行く事にした。ところが、秋宮への道が通行止め警官や黄色いシャツに地下足袋と、明らかに神輿の担ぎ手の集団が大勢いる。少し離れたところに「観光客無料駐車場」と言うのがあったので、そこに停める。一応係員はいるが「観光ですか?」と尋ねられ「はい」と言うと無料になる。のどかだ。

秋宮祭りの後

参道を歩いて行くと、歩行者天国に屋台。明らかに祭りじゃないか!ただ、警官や消防分団、黄色い神輿の担ぎ手がどんどん帰ってくる。ちょうど終わったところのようだ。秋宮境内に入ると、神輿と言うか、巨大な馬の鞍のようなものがあった。どうやらこれを引っ張って来たようだ。本宮の巫女さん、祭りやってるなら教えてくれよ!!間欠泉見てる場合じゃなかったわ!!間欠泉は、別の日でも見られるけど、祭りはその日限りでしょ!!!!ポスター等を見ると「舟祭り」と言うらしく、舟に見立てた鞍のようなものに、神職や担ぎ手が乗り、それを横倒しにしたり、引っ張ったりと、割と荒々しい祭りだったようだ。その模様は、夜、地元ケーブルテレビで放送されてわかった。

秋宮本殿
ぶっとい締め縄!

そしてホテルへ。避暑地だからか標識が少なく、迷ったが、なんとか到着できたのだった。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
お手数ですが、私のハンドルネームを入力してください。

コメント:

トラックバック